白い春 第5話「俺には娘がいた」

公開日:
あらすじ/すとーりー

春男(阿部寛)は、さち(大橋のぞみ)が封筒に入れたと話す真理子(紺野まひる)の写真を探すが見つからない。その写真を見て、春男とさちが親子であることに気付いた栞(吉高由里子)は、写真を隠そうとするが、すぐにバレてしまう。一方、さちは春男を乱暴に追い返した康史(遠藤憲一)に腹を立て、そっけない態度をとるようになる。 ある日、春男は写真に写ったさちの誕生日と自分が捕まった日を照らし合わせ、さちが自分の娘であることを確信する。春男はそのことを黙っていた康史を責めるが、康史は真理子がどんな思いでさちを産み、自分がどんな思いで育てたかを訴える。さらに「人を殺した手でさちに触るな」と責め立て、その言葉を聞いた春男は何も言い返せなくなる。その後、家に帰った康史はさちに春男を忘れるよう話すが・・・。 そして、春男の行動にある変化が!

(公式サイトより)

白い春 第5話「俺には娘がいた」 の動画が配信されているかCHECK!!


第5話「俺には娘がいた」の画像検索

画像提供元:Google AJAX Search API
(http://images.google.co.jp/images?source=hp&q=第5話「俺には娘がいた」)

白い春のその他の動画

動画が見れたら以下へ応援クリックをお願いしますorz

このページをブログで紹介する

▼短縮URL

▼リンクタグ

コメントを残す

新着コメント

動画について

当サイトで紹介している動画は全て違法動画ではないように管理人がチェックするように努めています。万が一、紹介している動画に問題がある場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。
PVランキング

50音カテゴリー

バラエティ新着動画・更新情報RSSRSS

VARIETY'S - youtubeバラエティ無料動画まとめ